みかんの栄養と効果

みかんの美味しい季節になりました。

みかんは子供たちがすきなので良く食べるので、

みかんの栄養についてしらべてみました。

みかんはビタミンCが豊富で、ミカン2個で大人の1日分が補充できるといわれています。

ほかにもビタミンA、Pを含みます。

ビタミンAはβカロチン、で温州みかん系に多いクリプトキサンチンはガンの抑制力が強いと

ガン学会での報告もあります。

ビタミンPには血管壁を丈夫にする働きがあります。

  また、みかんは繊維も多く腸内の浄化力があり、直腸ガン等になりにくくします。

  繊維は、ビタミンAやPと一緒に存在することにより、その効力を高めるそうです。

  みかんを食べると風邪をひかないと言われていますが、それはシネフィリンが

含まれているからです。

このシネフィリンは温州みかん系特有の成分で、オレンジ等には極めて少ないそうです。


 栄養素は特に皮に多く含まれていて、ビタミンCは実の3倍、

血管中のコレステロールを取り除くテレビン油も含まれています。

  ビタミンPは、白い綿状の甘皮の部分に多く含まれています。

  ですから、みかんはできるだけ皮も食べるようにしましょう。


みかんにも、房、実などの部位にわけることができます。

以下、その部位別の栄養素とその効果についてあげておきます。

○みかんの実

・「ビタミンC」

…免疫力をアップする効果があります。この季節には注意が必要な風邪の予防や風邪

をひいてしまった後の細胞の修復にも、しっかり効果を発揮してくれますよ!!

・「クエン酸」

…ダイエット効果、便秘の解消、疲労回復効果があります。クエン酸の詳しい話は、

こちらのコラムを読んでくださいね。

・「βクリプトキサンチン」 …みかんのオレンジ色の色素の一種です。最近ガン予防効

果があることがわかり、注目されている成分です。

○みかんの袋、スジ

・「ペクチン」
…フルーツジャムを作るときに、フルーツをゼリー状にしてくれる成分。水溶性食物

繊維の一種です。みかんの袋や房には、このペクチンが実の4倍も多く含まれていま

す。ペクチンには、コレステロール値を下げるはたらきもありますよ。

・「ヘスペリジン」
…血圧が上がるのを防いだり、毛細血管を強化して、血管と血液を元気にする効果が

あります。

他にも、β-カロテンや、ビタミンB群、ビタミンE、カリウムなどの栄養素が豊富に含

まれています。

栄養効果のたかいみかんですが、食べ過ぎると身体を冷やして

しまうので、食べすぎには注意をしてください。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分 阪神岩駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)