ものさしと把握

患者さんの状態を把握するうえで術者としての

知識や経験からくるものさしが必要になって

きます。

症状によってはすぐによくなるものと

時間がかかるものとあります。

術者のものさしで測ってみても患者さんが

望まれることと差が大きいと満足されなく

なってしまうこともあります。

しっかりした説明がないとあいまいな説明では

少しづつ改善しているのにも関わらず、一向に

よくならないと満足せずにこなくなってしまう

ことになってしまいます。

こちらのものさしだけで測って終わるのでなく

患者さんの望まれることにもしっかり向き合い

どこまで近づけれるかきちんとした把握が

必要で、そうして初めて説明ができると思います。

術者ができること、実際患者さんにもやってもらうこと

症状によっては他の病院を紹介したりと治癒に向かって

最善を尽くすことが大事です。

患者さんもしっかりと結果もださないと

満足してくれないので、術者側の言い分だけで

みることはやってはいけないことだと思います。

これからも患者さんの治りたい思いを一緒に解決できるよう

しっかり対応していこうと思ってます。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)