インフルエンザかかったときは?

インフルエンザと疑われるときは、

安易に風邪と判断せずに

早めに医療機関を受診し、治療を受けるようにしてください。

発症後48時間以内に抗ウイルス薬の服用・吸引をすれば、

症状が軽減され、早く治ることが期待できます。(対象は1歳以上)

早めに治療することは自分の身体を守るだけではなく、

ほかの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要です。

かかったときは


  • 安静にして休養を取る。特に睡眠が重要
  • 部屋の温度や湿度を適切に保つ。(気温18〜20℃、湿度50〜60%程度)
  • 水分を十分に補給する。(お茶、ジュース、スープ類など)
などしてください。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)