オーバーワーク

トレーニングをするうえでやり過ぎて

体を痛めることがあっては残念なことに

なってしまいます。

オーバートレーニングは身体に長時間に渡って、

過大な負荷をかけ続けている場合に起こって

しまいます。

負荷に対して身体の回復が間に合わず、

身体がゆっくりと壊れていく状態です。

普通の人にとって、オーバートレーニングは

そうそうなるものでもなく

非常にまれだと言えます。

もし実際にそうである場合は、

いくつか明らかな予兆があります。

通常のプログラムと同じことをしているのに

いつもと同じ重量を上げていられない

のであれば、何か問題があります。

後、いつも食べている朝ごはんも

食べる気がしない。

エクササイズの合間の動きも鈍く、

いつものトレーニングについていけない。

等は何かがおかしいというサインといえます。

 

日常生活に支障をきたす場合の痛みは

休息が必要といえますが、適度な痛みは

適度な運動で楽になることもあります。

痛みが増すようなときは休養するように

してください。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)