クリスマスとは?

今日はクリスマス、朝わが家ではサンタさんの

プレゼントで大興奮でした。

さすがに上の子はそれほどでもなかったのですが、

みんないつもより早い時間の目覚めとなってしまいました。

今日まで学校なので早々にしまわせて準備をさせましたが、

当分はプレゼントで盛り上がることになりそうです。

クリスマスを祝っていますが、

クリスマスとは何なのか子供たちにも教えておかないと

いけないのかと思うので、

クリスマスの由来について調べてみました。

クリスマスとは、イエス・キリストが今から約2000年前に
ベツレヘムの馬小屋でお生まれになったお誕生日を祝う
「キリストの降誕祭」のことだそうです。
しかし、イエス・キリストの誕生日に関する記録は残されていないため、
正確な日付けはわかっていません。
初期の頃には様々な日に祝ったようですが、
時が流れるにつれ、12月25日に祝われるようになり、
4世紀にこれが確立したそうです。

また、ローマでは12月の冬至に太陽を祭るお祝いをしていました。
ご存知のとおり、北半球で一番昼が短くなるのが冬至です。
冬に向け次第に短くなってきた昼が、この日を境にまた長くなっていきます。
つまり、勢いの弱まってきた太陽が冬至に再び力を取り戻し、
光りが蘇るということを祝っていたのです。

さらに、273年になると、時のローマ皇帝アウレリアヌスは
12月25日を太陽神の誕生日と定めました。
イエス・キリストは『正義の太陽』『世の光』と呼ばれていることから、
336年、当時の教会はこの祭日を利用してイエス・キリストの誕生を
祝う日と定めたということです。

また、当時のローマでは、太陽神を崇拝する異教が大きな力を持ち、
12月25日を太陽神を祭る祝祭日としていました。
そこで、初代キリスト教の指導者達が、
異教徒との対立や摩擦を生むことなく
異教徒にキリスト教を広めるために、12月25日をクリスマスとしたようです。

クリスマスの語源は、ラテン語「クリストゥス・ミサ」の略で
Christ(キリスト)+mas(礼拝)を意味します。

XmasはX(ギリシャ語で「Xristos」の頭文字)+mas(礼拝)
Xristos(クリストス)は「油を注がれた者」という意味で、
「救世主」「キリスト」を意味します。

ということで、なぜか日本でも当たり前のように祝って

いますが、実際のところあまり深い意味は分かってない

ことが多いように思います。

何事も本当の意味を分かって行うところに、もっと意識をおかないと

何をするにも、世の中の流れに流されてしまいそうなので

本来の意味を分かって行うこと大事だと思います。

ということで、メリークリスマス。
 

こまつ

 

JR灘駅 徒歩2分  こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)