グルテンフリー

小麦食品にはグルテンというたんぱく質がふくまれています。

実はそのグルテンが脳に影響している可能性があるとのことです。

グルテンアレルギーがあると、腸の細胞の結びつきが崩れて緩み、腸管に穴が開く。

すると中から毒素が漏れ出し、それが脳へと到達して

「キヌレニン」という神経毒性物質を生み出すという。

これが『リーキーガット』。

「『キヌレニン』が脳のニューロン(神経細胞)に作用すると、

神経伝達物質が出にくくなります。

つまり、『キヌレニンが脳を犯していた』ということです」

脳への影響以外にも

“小麦を断つだけ”で、慢性疲労、自己免疫疾患、

アレルギー、関節炎、偏頭痛、じんましん、

心臓疾患、といった多くの原因不明の病気が治ることがあるようです。

私も小麦をたって2週間にもうすぐなろうとしていますけど、

花粉症でマスクなしでは過ごせなかったのですが、ここ数日は

なしでも普通に生活できています。

まだ確信はもてないですが、もう少し続けると効果がでそうなので

もう少し続けてみようかと思っています。

また変化あれば報告します。

みなさんも一度ためしてみてはどうでしょうか?

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園前駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)