ストレッチの実際

今日はストレッチについて紹介いたします。

ストレッチとは身体における伸長運動のことで、柔軟体操の一種です。

反動をつけて行う柔軟体操、例えばラジオ体操もストレッチであり、

反動をつけずにゆっくり筋肉を伸ばす柔軟体操もストレッチであります。

筋肉は筋線維が集まってできているのですが、この筋線維を過剰に

伸ばしたり縮めたりを繰り返すと、本来の長さに戻る性質が失われ、

筋肉が短縮したまま硬くなり、筋や腱の炎症、筋断裂などの障害を

生じやすくなります。

スポーツだけでなく、日常の生活で長時間同じ姿勢でいると筋肉が緊張し

柔軟性が低下して、肩こりや腰痛などの原因となります。

ストレッチはこの筋の緊張の緩和や、関節の動きを良くしたり

血行を良くすることで、疲労物質の除去などの効果があります。

ストレッチのポイント

①呼吸を止めない。

②無理に伸ばし過ぎない。(痛みを感じる少し手前で止める)

③ストレッチする筋肉に集中する。

④毎日すると効果がある。

 

当院では、症状に合わせて必要なストレッチや体操をこれからも

進めていけたらと思っていますので気兼ねなくご相談ください。

 

こまつ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)