スマホによる目の疲れ

最近近くのものが醜かったり

肩が凝って辛いとかないでしょうか?

実は最近、スマートフォンの普及により、

20代や30代でも、近くのものが見えにくくなる

老眼のような症状が出る人が増えています。

「スマホ老眼」と呼ばれるその症状は、
 
スマホの使いすぎによって起こるもの。
 
通勤時間や寝る前など、空いた時間があると
 
ついついスマホをいじる癖がある人は要注意です。
 

若者に増えているスマホ老眼

ならないためには予防法や対策

が必要です。

 

対策としては長時間使わない

スマホと目の距離を30センチ以上

あけるなど。

 

目の疲れを取るために目を開けたり閉じたり

を繰り返す。

近くと遠くと数回交互に見る。

目を温めるなど疲れをとる

目の体操などもいいかと思います。

 

目の疲れから体調を崩すこともあるので

気を付けるようにして下さい。

こまつ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)