ハーブティーの歴史

ハーブティーの歴史

 ~古くから語り継がれるハーブティー~

ハーブは、ラテン語で草を意味する「エルバ」という言葉が語源だそうで、

古代から薬草として治療に用いられてきたという長い歴史があります。

また、食料、香料、染料、化粧品などさまざまな用途で使われてますが、

もっとも歴史が古く、重要といわれていたのが医療への活用でした。

古代ギリシャの医師は、ハーブの治療法の数千もの数を残していたそうです。

漢方薬に通じるようにも思います。

大航海時代には、アジアやアメリカ大陸でも利用されるようになりました。

その後も、何世代にも渡って伝えられ、現代の生活でもハーブは使われています。

今ではハーブティーは、薬用としてだけでなく、

健康的な飲み物として親しまれています。

私も最近少しづつですがパックのハーブティーを

のむようになりました。

いろいろ種類があり飲んでみたのですが、

ちょっと苦手な味のものもありましたが

カモミールは飲みやすかったです。

種類によって効果が違うようでそこまでは

まだ勉強不足ですが、ハーブ専門店では

効果・効能でブレンドしてハーブティーを

販売しているようで店の人に相談確認して購入されると

いいかと思います。

のみ続けると効果もでてくるようです。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

 

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)