ビタミン=体の成長・心の健康

ビタミンは炭水化物、脂質、たんぱく質

ミネラルが体内でスムーズに使われるのに

必要なだけでなく、消化吸収、成長、

精神の健康、様々な病気に対する免疫

などにも欠かせない栄養素です。

しかしほとんどのビタミンが体で

作ることができないため、食事から

摂取しなければなりません。

ビタミンが不足すると代謝に不具合

があらわれ、疲労、記憶力の低下、

肌荒れなどの不調を引き起こします。

またビタミンを食事から十分に摂取

することで、がんや心臓病になる

リスクを減らし、慢性病の予防

や改善などにも効果あります。

 

ビタミンが多い食品

野菜、果物、豆、豆製品、ナッツ類、肉類、魚介類、乳製品

 

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)