ビタミンB群

 

ビタミンBはエネルギーをつくるだけではなく、

肌をつくりだすために必要な栄養素として

体には欠かせないものです。

実は肌トラブルの多くはビタミンB不足

によることが多いのです。

ビタミンBがもたらす肌への効果と、

不足した場合に起こる影響について紹介します。

・ビタミンB1

効果:神経の働きを正常に保つ。アルコールの代謝を助ける。

不足時の症状:肩こり、筋肉痛、疲労、記憶力減退など

・ビタミンB2

効果:細胞の再生を助け、免疫力を増進させる。

不足時の症状:内臓機能低下、眼精疲労、粘膜炎症など

・ナイアシン(ビタミンB3)

効果:皮膚・粘膜の炎症を防ぐ。血行を促進し、精神を安定させる。

不足時の症状:うつ、精神障害、口内炎、胃腸障害など

・パントテン酸(ビタミンB5)

効果:皮膚や毛根に栄養を与える。

不足時の症状:性腺機能低下、動悸、頭痛、皮膚の異常など

・ビタミンB6

効果:肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ、脳の働きを正常に保つ。

不足時の症状:神経系の障害、皮膚炎、貧血、下痢、食欲不振など

・ビタミンB12

効果:葉酸と協力して赤血球のヘモグロビン合成を促し、貧血を防ぐ。神経の正常な働きを助ける。

不足時の症状:神経系の障害、記憶減退、食欲不振、便秘など

葉酸(ビタミンB9)

効果:ビタミンB12と協力して赤血球のヘモグロビン合成を促し、貧血を防ぐ。神経の正常な働きを助ける。

不足時の症状:神経系の障害、記憶減退、食欲不振、便秘など

・ビオチン(ビタミンB7)

効果:皮膚の健康維持を助ける。

不足時の症状:脱毛、白髪、無気力、食欲不振、筋肉痛など

 

ビタミンBは肌への影響もそうですが、

神経の働きにも影響してくるので

ストレスを抱えて体調がすっきりしない

方はビタミンBを補給するといいかと

思います。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)