フランス人は10着しか服を持たない

フランス人は10着しか服をもたない

という本があります。

お気に入りのスタイルの服だけを

数セットもってそれを季節ごとに

出し入れするだけで事足りる

ということで、毎日着る服を

変えるのでなくお気に入りの

いい服をずっと着て過ごす

というものでした。

確かにクローゼットをみても、

着ないふくでも捨てるのが

もったいないのでそのままで

あったり、今は着てないけど

いつか着るかもと思って

とっていえる服は意外と多くあります。

お気に入りの服だとしても特別な

時に着ようと思って特別な時が

なく着なかったりすることも

あります。

考え方ひとつだと思いますが、

気に行った服を普段からきて、

着ない服は処分すると部屋が

すっきりしてよかったりします。

服に限らずものが溢れる時代

いらないものが家の中にもたくさん

溢れています。

年末の大掃除とともにすっきり

片づけようかと思います。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)