ミネラル=吸収・利用・蓄積

ミネラルは互いに複雑に作用しあい、

吸収、利用、蓄積に影響を与えます。

ミネラルが不足すると、骨が弱く成ったり、

神経や体の働きに悪影響を与えます。

体重の4~5%はミネラルによって

構成されており、カルシウム、リン、

マグネシウムのように骨つくりに

使われる他、体内の水分調整、

酸とアルカリの調整など様々な

働きがあります。

ほとんどのミネラルは成長や生命活動

に欠くことのできない必須ミネラルで

食事から直接摂取する必要があります。

しかしインスタントフードや加工品の

摂取が多いと、ミネラルであるナトリウム

やリンの過剰摂取につながり、骨の健康

血圧などに影響を与えます。

 

ミネラルが多い食品

骨、乳製品、海藻、野菜、果物、肉類、魚介類、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)