ロコモ(運動器症候群)

今朝新聞でロコモティブ症候群についての記事がありました。日本は高齢社会を迎え、これに伴い運動器の障害も増加しています。入院して治療が必要となる運動器障害は

50歳以降に多発しています。

このことは多くの人にとって運動器を

健康に保つことが難しいことを示しています。

従来の運動器機能障害対策の単なる延長線上では

解決がつかない時代を迎えています。

それにともない新たな言葉が必要になりました。

 

ロコモとは運動器症候群

ロコモティブシンドロームの略で

運動器障害により要介護のリスクが

高い状態になることをいいます。

日本整形外科学会が、2007年(平成19年)に、

新たに提唱しました。

「ロコモ」の提唱には、

「人間は運動器に支えられて生きている。

運動器の健康には、医学的評価と対策が重要である

ということを日々意識してほしい」という

メッセージが込められています。

運動器障害の原因は大きく分けて

運動器自体の疾患と加齢による運動器不全

があります。

 

・運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)

加齢に伴う、様々な運動器疾患。

たとえば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、

易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など。

あるいは関節リウマチなどでは、痛み、

関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、

痙性などにより、バランス能力、体力、

移動能力の低下をきたします。

 

・加齢による運動器機能不全

加齢により、身体機能は衰えます。

筋力低下、持久力低下、反応時間延長、

運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、

バランス能力低下などがあげられます。

「閉じこもり」などで、運動不足になると、

これらの「筋力」や「バランス能力の低下」などと、

あいまり、「運動機能の低下」が起こり、

容易に転倒しやすくなります。

 

いくつかの生活レベルでの運動機能の

チェックをして、その結果でとレーニング

をしていきます。

いつまでも自分の足で歩き続けていくために、

運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、

健康寿命を延ばしていくことが

今、必要であるといっています。

 

運動器がいつまでも正常に機能

するよう日頃からの運動が必要で

すね。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)