不眠の改善

最近不眠で困っている方が多い感じが

します。

不眠は寝ようとしているのに、体が順応しない

睡眠障害のことをいいます。

例えていうと、布団に入ってもなかなか寝付けない、

朝まで寝ることができず度々目が覚めてしまう、

仕事中や学校で眠くて集中できないなど…。

不眠症に悩む日本人は5人に1人とも言われており、

年々増加傾向にあります。

眠れないために薬を処方している方も多いようです。

不眠症になる理由は、不規則な生活や生活環境、

病気など様々な原因により、それがストレスとなって

自律神経のバランスが乱れることが大きな要因です。

自律神経には活発な時に働く交感神経と

リラックス時に働く副交感神経があり、

それぞれ循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整しています。

通常、睡眠時には副交感神経が働くのですが、

何らかのストレッサーによって交感神経が優位に傾き、

自律神経のバランスが崩れることで不眠症に陥ってしまいます。

改善方法はまず眠れないという恐怖心や不安を

なくすことから始める必要があるようです。

「眠れない」と意識すると心身がストレスを感じ、

さらに眠れなくなるといった悪循環に陥ってしまいます。

まずは目をつむって軽く休むという気持ちで、

寝ることへの緊張をほぐすようにしてください。

睡眠時の環境を整えるのも効果的です。

寝る1~2時間前に部屋の明かりを暗めにしたり、

リラグゼーション音楽を聴いたり、

アロマを焚いたりと、リラックスできる空間を

つくってみてください。

副交感神経を優位にするには、

夜はお酒とカフェインを控えめにし、

ベッドでのスマホ使用は控えるようにしましょう。

日中は太陽の光を浴びたり、運動しておくのも

おすすめなのでやってみてください。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)