交通事故施術・スポーツ外傷と障害

交通事故施術について

交通事故は症状が長引いたり、精神的なダメージが残ったりすることもあります。当院では施術だけでなく、精神的なサポートも含めできる限りのサポートを行います。痛みや不安のある方は、一人で悩まずに当院にご相談ください。

 
もし交通事故にあってしまったら・・・
1.まずは警察に連絡しましょう。

2.状況に応じてご加入の保険会社にも連絡しましょう。

3.相手の住所と氏名、連絡先、車のナンバー、自賠責保険の加入などの確認をするようにしてください。

4.軽い症状だとしても医療機関(病院)へ行く。後から症状が出ることもあります。

施術の流れ

患者様から保険会社に当院に通院する旨を保険会社に直接連絡を取ってもらいます。



保険会社から当院に連絡がはいり、承諾後施術を開始します。



患者様の状態を把握します。症状に合わせて施術していきます。



症状が改善し終了です。

交通事故患者様の声

IMG_20160905_162530


 

最近交通事故で来院される患者さんが数名いるのですが、

みなさん事故すぐはそんなに症状は感じなかったが

次の日や後日だんだんしんどくなってきたりとおっしゃってます。

外傷などはすぐにわかりますが、交通事故が原因での痛みは長引いたり、

後から症状がでたりするので軽く考えずに症状がさほどきにならなくても、

必ず病院等の診察をうけるようにしてください。

私も後ろから追突されて、3日後の朝首が痛くて動けなく

なってしまったことがあります。

多少首が凝っている感じはしていたのですが、3日後にきたときは

なぜだろうと、事故が原因だとすぐには思えなかったくらいです。

2から3日は痛みで苦しみ、一週間くらいはまともに首が

動かせませんでした。

しっかりとした早期の治療をお勧めします。

スポーツ外傷と障害

スポーツ傷害とはもともとスポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の総称です。
スポーツによる外傷・障害は、急性の外傷と慢性の障害とに分けられます。

外傷とは、骨折、脱臼(だっきゅう)、捻挫(ねんざ)、打撲(だぼく)(挫傷(ざしょう))、肉ばなれ、腱断裂(けんだんれつ)、靭帯(じんたい)損傷などです。

一方、障害とは主としてスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。すなわち、腱、靭帯あるいはその付着部、関節軟骨(かんせつなんこつ)をはじめとする関節構成体、さらには骨組織などに繰り返しの負荷が加わることにより、これらの組織やその周囲に炎症が生じたり、組織自体の破綻(はたん)を来すものです。

 
スポーツ外傷
【骨折】大きな外力により骨が折れ痛みや出血を伴う状態をいいます。骨折は外傷の中でも程度が大きく、完治に時間がかかるものです。大きく分けて皮膚の中で折れている閉鎖性骨折と、皮膚が開いてしまっている開放性骨折の二つに分けられ、後者は感染症の危険があるので注意してください。スポーツ障害として多い骨折として「疲労骨折」があります。長期に渡って骨に力が掛かって折れてしまう骨折で、気付かないうちに進行していることが多いのが特徴です。 

【脱臼】関節に起こる脱臼は、関節を構成している骨同士が強い力が関節部に掛かることで、正しい位置に置かれていないことが原因となって起こります。脱臼した関節は、関節を取り巻く靱帯を引っ張ることになる為炎症や靱帯断裂の原因になる場合があります。整復をして元に戻せば痛みは軽くなりますが、痛めた際に筋肉や靭帯、関節包等を痛めていますので、痛みが軽くなったからといって放っておくと再発しやすくなるので、受傷直後は一定期間固定をする必要があります。 

【捻挫】関節内の損傷のことをいい、関節の可動域を超える外力が加わると関節をつないでいる靭帯が損傷します。靱帯が炎症を起こすため痛みが発生します。痛みだけでなく、関節の機能低下も起こります。治療の際には、RICEに則って患部を冷やし、テーピングや包帯で固定して完治するまで関節への負担を抑えるのが基本となります。

【打撲】転倒して打ったり、人とや物に強くぶつかったりした事による皮膚や軟部組織(筋肉)の損傷の事をいいます。特に頭と腹部を打撲した場合は注意が必要です。腹部を強く打ちつけると内臓破裂の恐れが出てきますし、頭の場合は軽度でも記憶障害、重度では脳内出血から起こる脳梗塞などに発展する恐れがあるからです。頭や胴体を打った場合は、直ちに安静にさせます。頭部打撲では意識障害が起こるので、頻繁に呼びかけて意識の確認を行います。意識障害がなくても、後で吐き気や手足の麻痺などが起こる場合もあるので、なるべく早く病院で精密検査を受けるようにします。腹部や胸部に打撲が起こると、肋骨や胸骨が骨折している場合もあるので注意しましょう。打撲への応急処置としては、「RICE処置」を行います。安静にして、患部を痛みが治まるまで冷やすのが基本となります。

【靭帯損傷】靱帯損傷は、脱臼などの関節に起こるスポーツ障害によって引き起こされることが多いと言えます。靱帯は関節を構成する骨と骨を結びつけるようにして存在していますが、脱臼で関節を構成する骨が引き離されると強く引っ張られて伸びてしまうのです。靱帯の伸縮を繰り返す動作を長時間行うことも靱帯損傷の原因になります。靭帯損傷を起こすと、関節部の違和感と運動能力の低下が症状として現れます。また、歩行困難を起こしたり、関節部には痛みを感じる神経がないため、自覚症状が違和感や運動能力の低下などになってしまい気付かないまま放置してしまうケースも少なくないです。

 
スポーツ障害
スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返される過度の負担が積み重なって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態です。軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。運動後のクールダウンが足らなかったり、運動のし過ぎにより起こります。なにより、スポーツ障害は予防が大切です。予防として運動後のストレッチ、アイシングなどが効果的です。

上半身…野球肩、野球肘(内側上顆炎)、テニス肘(外側上顆炎)
下半身…肉離れ、ジャンパー膝、ランナー膝、シンスプリント、アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、
体幹部…椎間板ヘルニア、腰椎分離症、分離すべり症、腰痛症など

 

◇当院では、手技療法に加え、電気、超音波治療機器を使用し早期回復を目指した最善の施術を行います。

◇スポーツで生じやすい怪我や障害は処置や治療のタイミングを間違わなければ比較的早く治るものも多いので、不安な人はすぐに相談してください。

ヴィッセル神戸のスタッフさんも来院しています。
 

 ◇怪我をしないことが一番大切であるので、日頃の基礎トレーニングとケアを欠かさず行うことで怪我を未然に防ぎましょう。