体のエネルギー(ブドウ糖)

ブドウ糖は吸収され身体にとって

エネルギーになるため無くてはならない

大切なものです。

ブドウ糖とは糖類の一つで

単糖類と呼ばれるものです。

米やパン、芋類などにはでんぷんが多く

含まれていますがでんぷんが

分解されることでブドウ糖になります。

ブドウ糖は糖質であります。

糖質の分類について

ブドウ糖について見ていく前に

少し糖質の分類について紹介して

おきたいと思います。

糖質には単糖類と少糖類、

多糖類があります。

その内、ブドウ糖は単糖類と

呼ばれるものに分類されます。

単糖類、少糖類、多糖類の

それぞれの特徴について見ていきます。

多糖類

多糖類とは数百~数千個の単糖類が

合わさってできたものです。

米などに含まれているでんぷんや

身体の中でエネルギーとして蓄えられている

グリコーゲンなどが多糖類に該当します。

でんぷんは唾液や腸で分泌される

消化酵素によりブドウ糖に

分解されてエネルギーになります。

少糖類

単糖類が2~10個合わさってできたものを

少糖類といいます。

ショ糖や乳糖、オリゴ糖などが少糖類に該当します。


単糖類

ブドウ糖や果物に含まれている

果糖が該当します。

腸から吸収されエネルギーになります。


最もブドウ糖が必要なものは脳です。

脳は人体の中では非常に小さな器官ですが

とても多くのブドウ糖を使います。

また、脳が栄養として利用できるのはブドウ糖のみです。

もしブドウ糖が不足すると脳はエネルギーを

作ることができず思考がまとまらなくなります。

その結果、イライラしたりやる気が起きなくなったり

して勉強や仕事などがはかどらなくなると言われています。

また、筋肉にもグリコーゲンという形で

ブドウ糖が蓄えられています。

これは瞬発的な動きが要求された際に

エネルギーとなるもので、筋肉にとっても

ブドウ糖は必須なのです。

つまり、ブドウ糖が不足してしまうと

身体の中の様々な箇所はエネルギー不足を

起こしてしまい体調に異変が起こると

言われています。

基本単糖類であるブドウ糖のみが

腸から吸収されエネルギーとなり

分解されないそれ以外の吸収されないものは

便となり排出されるようです。

炭水化物を取りすぎると糖が脂肪に

なるので食べすぎには気を付けましょう。

こまつ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)