元気のサポート力アップ

症状を改善することができれば

その方法は特にこだわらなくても

いいのかと思っています。

手技にはいろいろな方法があります。

術者の思いだけで施術することが

あってはいけないと思っています。

のどが渇いてたまらないときに

高級な肉をだされてもちょっと

うれしくなく、水一杯のほうが

うれしく助かります。

患者さんの訴えと術者ができること

をいかに合わせた施術を行うか

それが大事だと思ってます。

そのためには技術と知識が必要になり、

時には他の医療機関を紹介しないと

いけないこともあるかと思います。

原因がはっきりしている痛みに関しては

対応も判断しやすいですが、

原因がはっきりしない痛みの判断は

難しく感じます。

ストレスや精神的なものからくる

痛みの場合はストレスをとってあげる

ことがとても大事になってきます。

場合によっては栄養、休養、をとることが

だいじだったりもします。

普段の生活のなかでできる対処法などは

症状を改善するうえでとても大事です。

いくらこちらが一生懸命対応しても

患者さんが治りたいという思いが

なければ改善するのは難しいです。

もっといろんな分野の知識が必要

でまだまだちから不足ですが、

元気のサポート力の次元をあげて

貢献できるようにやっていきますので

これからもよろしくお願いいたします。

こまつ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)