心と体の元気の素ブドウ糖

脳のエネルギーブドウ糖がないと、人間は生きていけませんemoticon-0133-wait.gif

ブドウ糖(グルコース、分子式C6H1206)は、

ぶどう、柿、いちじくなどの果実のほか、

ハチミツなどに多く含まれている

単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)の

一種です。

ブドウ糖は、腸で吸収され生活のエネルギー

として体内で利用されております。

私たちの生活にとって最も身近な成分です。



常に消費されるブドウ糖 人は1日に何もしなくてもおよそ260g、脳だけでも120gのブドウ糖を消費しています。



1日120gのブドウ糖が脳に必要です。
ごはん1杯(120g)にブドウ糖は40g含まれています。
1日3杯しっかり食べましょう。


なので糖質制限のダイエットは危険です。

正しい糖質制限は
ブドウ糖はしっかり必要な量を摂って、それ以外の糖を制限することです。
emoticon-0102-bigsmile.gif
×お菓子、砂糖、果物、ジュース、お酒…など)

体が疲れたり、イライラしたりした時、

甘い物が食べたくなったりするのも、

脳が「ブドウ糖が不足している」と

危険信号をだしているのかもしれません。

ブドウ糖はとってそれ以外の糖は控えるように

しましょう。

×お菓子、砂糖、果物、ジュース、お酒…など)

こまつ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)