入浴剤の効果(炭酸ガス系入浴剤)

最近入浴剤にもたくさんの

種類があります。

そのなかで炭酸ガス系の入浴剤

が増えていますがその効果について

調べてみました。

このタイプは炭酸ガスの血管拡張作用を

有効利用したもので、湯に溶けた炭酸ガスは

皮膚から吸収され、容易に皮下内に入り、

直接血管の筋肉へ働きかけ血管を広げます。

血管が広がると末梢血管の抵抗が弱まるため

血圧が下がり、血流量が増えます。

その結果、全身の新陳代謝が促進され、

疲れや痛みなどが緩和します。

同時に温かい湯に入っているならば

血液が体表面の熱を全身へと運び、

体の芯まで温まることになります。

なお皮下内に入った炭酸ガスは、

肺から呼吸によって体外に出されるので

体の中に蓄積するようなことはないようです。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)