切り傷、擦り傷の治療

整骨院とは関係ないですが、日常でよくあるあるに対する豆知識をご紹介。

包丁で手を切った、転んで擦りむけた・・・など

 

切り傷・擦り傷を負ってしまったときの処置はどうしてますか?

 

最近は『ウエットドレッシング』法が主流だそうです。

何かといいますと、ケガの部位を乾燥させない状態を保つことが治りがより早いそうです。(ラップを巻くなどする。)

ケガをしたら消毒液で消毒・・・絆創膏・ガーゼなどを貼って、頻繁に交換。が清潔な治療をイメージしますが、

人間の表面には人間の細胞以上の細菌がウジョウジョいるそうで、消毒しても数時間しか無菌状態が続かないそうです。

傷口が治るためには、異物や死んだ細胞が残っていると治りが遅いそうです。傷口を乾燥させると、ヒトが治ろうとして集まってきた様々な細胞も死んでしまうそう。そして消毒液によって自分の細胞も死んでしまう。

 

正し、普通はこれまで通り、絆創膏・ガーゼを貼って治療すれば十分なおるそうですが、いくら経っても治らない時はこのウエットドレッシング方法をお試しください。

ポイントは、消毒液ではなく、流水で傷口を洗い流す(流水で十分化膿する原因の細菌は流せるそうです)

傷口をなるべく湿らせた状態を保つ。

 

ただ、この欠点が、ウエットな状態を長期間維持するとクサイということです。

 

豆知識、少し考えに留めておいていただけたら役立つかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)