効果的な温めかた

ここ数日やっと冬らしい季節になったと思ったら、極端すぎて身体が気温の変化についていけてない感じですweep

最近はエコで室温をいかに効果的に快適温度に保つか、様々工夫がされていますが、

 

人間の身体も効果的に温める方法を知っているのと知らずに暖をとるのとではずいぶんと違います。

 

身体の体温は、何を介して維持されているのでしょうか・・・。

 

はい。血液です

 

熱中症の話でも、どの部位を冷やせば効率がよいか書いたことがありますが、

 

身体を温めたい時も、大きな血管が身体の表面近くに通っているところを保温することがポイントです。

首・手首・足首・(鼠径部や脇の下は服をきていますから・・・)

 

まずは内臓を冷やさないように、体幹を温めることもとても大事です。

 

温かい食べ物を摂ることも大事ですが、

内臓に負担をかけないこと(食べ過ぎ、偏食、ストレス)

お腹・骨盤周りを冷やさないこと(腹巻、保温グッズ)

 

平熱が一度下がると、免疫力も30%も下がってしまうといわれているから、

この寒さを快適に乗り切るだけではなく、根本的な健康のためにも、十分な寒さ対策が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)