噛むことの大切さ

よく噛んで食べると唾液がよくでてきます。

この唾液には肌荒れニキビにも効果的なホルモン

がふくまれているようです。

 

よく噛むことで、顔の筋肉をたくさん使うことになります。

顔の筋肉が鍛えられると小顔効果が期待できます。

そして、食べ物をよく噛むことで、

満腹中枢が刺激され、満腹感で得られるために

食べすぎないようになり、ダイエットにも効果的です。

 

噛むことを繰り返すとセロトニン神経を活発化

させ、心のバランスをとり、精神を安定させます。

自律神経のバランスを整える働きもあります。

ストレス解消にもいいです。

 

虫歯予防には、歯を磨くだけではなく、

よく噛むこともとても大切なのです。

よく噛むと唾液がたくさん出て、

口の中をきれいにします。

 

よく噛んで、食べすぎずに食事が適量になってくると、

胃腸の負担が少なく、身体は疲れにくくなり、

元気が出てきます。

よく噛むことで、唾液に含まれるアミラーゼ

という消化酵素が働き、食べ物の消化を

手助けしてくれるのです。

 
 “よく噛む”ことにより、上記のようなことが
日常生活で可能なのです。
毎日、「よく噛んで食べる」、
ということを習慣にしましょう。
こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)