夏の冷たいデザート

いよいよ夏本番です。

この季節冷たいドリンクやかき氷が人気ですが、

冷たい食べ物は基本的に体によくない

とされています。

内蔵の代謝が悪くなるからです。

でも食べたいですよね。

食べるときにいい時間帯が漢方の考えでは

あるようで午後の日中で一番暑いときに

食べるのがいいようです。

これは、漢方医学の「陰」と「陽」の考え方によるもの。

自然界や人の体には、「陰陽」のエネルギーが

刻々と変化しながら存在しています。

陰陽バランスは季節や時間帯でも変わります。

一日のうち、「陽」の気が一番多い時間帯は、

ずばり正午

暑さにやられやすい時に、冷たいデザートで

「陽」の気を抑えるのが有効です。

ごはんの後に食べることと(空腹はNG)、

一気に飲み込まないこと、食べ過ぎないこと

に気をつければ、内臓を傷めることなく

冷たいものを楽しむことができるようです。

私も昼食後のデザートにアイスを食べる

ことがあるのでほどほどにいただくように

しようかと思ってます。

暑い時のアイスはなかなかやめられないですね。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)