夏バテしないように

日本の夏は暑くじめじめしています。

最近もじめじめ感は夜になっても変わらず、

暑苦しい夜が続いています。

夏バテしてしまいそうな日々、夏バテ対策しながら

乗り切りたいものです。
夏バテの原因としては,次のようなことが考えられます.

①体温調節の不調⇒暑くなると,血管が拡張して汗を出すことにより,体温調節を行うのですが,湿度が高いときには汗の蒸発が妨げられるため,熱が体内にこもる結果となり,疲れやすくなります.

②体内の水分やミネラルの不足⇒汗をかくことによって,体内の水分と電解質のバランスが崩れて脱水症状 を起こして,体調に異常を起こすと考えられています.

③暑さによる食欲低下⇒暑さによって胃の消化機能が低下するため,栄養の吸収が悪くなり,食欲が低下します.
ビタミン類やミネラル,蛋白質などの必須栄養素も不足することになり,からだがだるく感じたり,根気が続かなくなるなどの症状が出てきます.
また,清涼飲料水やビールなどの冷たいものばかり飲んでいると,胃の消化酵素の働きが更に低下し,消化不良を起こし,食欲がなくなるという悪循環に陥るのです.

④冷房の影響⇒冷房のかけ過ぎで冷えた部屋と外気の温度差が大きくなり,しかも冷房の効いた部屋と暑い屋外を繰り返して行き来することにより,体温を調節する自律神経のリズムが乱れて自律神経失調症を引き起こすのです.

夏を乗り切る生活法

①そば,そうめん,冷やし中華などだけをとるのでなく、新鮮や野菜,果物,豆類などを摂、豆腐や納豆などもいいです。
丼ものにすると意外と食欲がなくても食べやすいので最近よく丼ものにしてたべています。

②朝食を抜かず水分を補給し,十分な睡眠を摂り,疲れを翌日に持ち越さない.

③適度な運動が効果的です.ストレス解消や食欲増進にも運動は有効.涼しい時間帯にウォーキングやラジオ体操のような運動が適しています.

④水分の補給は,のどが渇いてからよりものどが渇く前に,こまめに補給すること.

⑤お湯にゆっくりと入る入浴は,自律神経の働きを整えると同時に,心身共にリラックスさせる効果が高まります.

⑥冷房の風ではなく,できるだけ自然の風を通しましょう.
扇風機に長時間あたるのもよくありません.
食事、軽い運動、休息、をしっかりとって

規則正しい生活を心がければ乗り切れるのではと思います。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)