夏場の注意事項

蒸し暑い日が続き、夏バテ、熱中症など、

体調管理も大変な状況でないかと思います。

夏バテ、熱中症を注意しないといけないですが、

他にも食中毒にも注意しないといけないですね。

食中毒についてですが。

☆夏は細菌による食中毒が増える時期です☆

毎年8月は厚生労働省によって「食品衛生月間」に定められてるように、
夏場(6月~9月)は、細菌が原因となる食中毒が多く発生しています。

なぜ夏場に食中毒が増えるのかというと、その理由の一つが「
高温多湿な環境
食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20度)で活発に増殖し始め、人間の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。



また細菌の多くはジメっとした湿気を好むため、湿度も高くなる梅雨頃から食中毒が増え始めます。



そしてもう一つの理由は夏バテなどによる私達の体の「
抵抗力の低下」です。


また細菌が少量であれば、食べても胃液により殺菌され、食中毒は発病しません。
しかし、大量摂取した水で胃酸が薄まっていたり、胃薬によって胃酸の分泌が抑えられていると、十分に殺菌されず、食中毒になりやすくなることもあります。


☆食中毒の原因は??☆

食中毒の原因となる物質は、化学物質から自然毒まで多種多様ですが、
主な原因は「
細菌」と「ウイルス」です。
さらに細菌が原因となる食中毒は、大きく「
感染型」と「毒素型」に分けられます。

☆細菌性「感染型食中毒」
食品中の細菌が食べることで体内に入り、腸の中で増殖し、食中毒を起こします。

☆細菌性「毒素型食中毒」
食品中で増殖した細菌から発生する毒素を食べることによって食中毒を起こします。
この場合、加熱などによって細菌自体を殺菌しても、毒素が耐熱性であれば食中毒になってしまいます。
☆ウイルス性食中毒
ウイルスが原因となる食中毒です。
細菌性と違い、
冬に発生のピークを迎えます。


☆予防と対策☆

食品をより安全にする5つの鍵(国立医薬品食品衛生研究所)

第1の鍵:清潔に保つ
第2の鍵:生の食品と加熱済みの食品とを分ける
第3の鍵:よく加熱する
第4の鍵:安全な温度に保つ
第5の鍵:安全な水と原材料を使う



 

しっかり手洗いをして、ちょっと危ないと思った食べ物は口にしないようにする。

あまった食べ物は早めに冷蔵庫に保存して、

しっかり火を通してたべるようにするなど気を付ける必要があるかとおもいます。

体調を崩すと自分自身も辛いですが、まわりの家族も大変になるので、

お互いに気を付けながらすごしたいものです。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)