妊婦受診に追加料金?きびしい制度

春から始まっていることに驚きました。

妊婦が医療機関を受診すると追加料金が必要に

なります。

妊婦健診を除く全ての診療について、

妊婦は追加料金を払うこととされています。

追加料金は受診時間帯によって異なり、

自己負担が3割なら

初診で230~650円、再診で110~510円。

びっくりしてしまいました。

妊婦というだけで負担が大きくなる

考えただけでおかしいと思いませんか?

根本匠厚労相は13日の閣議後記者会見で、

「胎児への影響に配慮した薬剤の選択、

あるいはレントゲン撮影が困難な場合があり、

通常よりも丁寧な診察が必要」と述べ、

加算の必要性を強調した。

とのことですが、

妊婦だから気を使うのは当然で

それに対して追加で費用がかかるのは

完全に子育てや子供不足などもっと

大事なことに神経使わないといけないと

思うのですが。

厚労省は

「すこやかな妊娠・出産のためには、妊娠中の健康管理が重要」

との判断から妊婦加算が新設されたという趣旨を、

妊婦や家族に広く知らせるよう、

都道府県などにあてた2日付の通知で要請しているようです。

それらしい趣旨があげてありますが、

それなら経済的な負担をかけずに医療を

受けれるようにすることのほうが

今の時代的には必要でないかと感じます。

もっと他のことで経費は削減できない

ものなのでしょうか?

子育てに対しての負担を上げてしまっては

趣旨に反しているような制度ではないでしょうか?

厳しいです。

こまつ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)