季節の変り目

季節の変わり目は日によって気温が安定せず、

日中と朝晩の寒暖差が激しいこともよくあります。

昼は薄着でも、夜は寒かったりします。

このように気温の差が激しいと、自律神経を乱す原因にもつながります。

自律神経は、発汗など、体温調整をする機能を持っています。

季節の変わり目は寒暖の差が激しいため負担が大きく、

自律神経が乱れてしまいます。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、

これらがシーソーのように切り替わることで機能を果たします。

交感神経はストレスを感じた際に緊張したり、

運動してドキドキしたりと、

心身を活発状態や興奮状態にする神経。

ストレスを感じやすい人は交感神経が過敏に

反応してしまうため、心身の調子を乱してしまうのです。

副交感神経は、心身を活発にする交感神経とは逆の、

心身を落ち着かせる神経です。

眠ったりのんびり過ごしたりなど、

リラックスしているときは副交感神経が優位に働いています。

そのため副交感神経がしっかり活動していないと、

神経がリラックスすることができず、

心身の疲れがとれにくくなってしまうのです。

ストレス状態が続くと交感神経は働き続け、

本来なら休息をとるため副交感神経に切り替わる場面でも、

交感神経が活発に働き続けます。

その結果自律神経のバランスが崩れてしまい、

自律神経の乱れを起こし、

カラダや心の不調を起こしてしまうのです。

 

なのでストレスをかかえないように身体も

動かしながら栄養と休養もとり、規則正しい

生活をこころがけるようにしてください。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)