心が与える体への影響

普段私たちの体は、自律神経系、

免疫系、内分泌系のバランスによって

調整が保たれています。

そこにストレスが加わって

心が蝕まれると、バランスが崩れ

てしまいます。

これによって様々な体の病気を

起こすのです。

極度の緊張やストレスから胃痛

や胃潰瘍を行き起こすこともあり、

免疫力が落ちることで風邪をひいて

しまうこともあります。

理由もなく体の調子が悪い時は

心の状態を改善することで体の

調子も上がってくるかもしれません。

自然に触れ合う時間をもったり

すこしボーっとする時間を作ったり

一息いれてみるのもいいかと思います。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)