快眠のためのコツ(刺激を避ける)

就寝前の刺激を控えて就寝に備える。

快眠のコツとしてまず重要なことは

就寝前のストレスを避けて、

リラックスした状態で就寝へ備えることです。

就寝前の脳への刺激は交感神経系

活性化されて、快適な入眠を阻害して

しまいます。

睡眠2~3時間前から刺激やストレスを

控えるようにしましょう。

食事:就寝の2~3時間前には終わらせる。

運動:昼間~夕方の運動は良い。就寝前の激しい運動は控える。

熱い風呂:就寝2~3時間までに入る。

カフェイン:夕方以降はできるだけ摂取しない。

アルコール:深酒は眠りの質が悪くなる。

・パソコンやスマホ:光には強力な覚醒作用がある。

快眠のコツ次回につづく

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)