快眠のコツ(体温・室温・湿度の調整)

人の体温は眠りにつく前に徐々に

下がり、目覚めるときに一番低く

なり、日中は高い状態を維持します。

眠る前に入浴する人が多いと思いますが、

お風呂に入る場合は、ぬるめのお湯に

ゆっくりつかり軽く体をあたため、

その後自然と体温が下がることで、

入眠までの時間を短くできるそうです。

熱いお湯に入って体温を上げ過ぎると

体温が下がるまでに時間がかかり、

交感神経も刺激されるので寝つきにくくなります。

熱い風呂が好きな人は睡眠までの

時間を長めにとる必要があります。

夏の冷房、冬の暖房のかけ過ぎには

注意してください。

多少電気代は気になりますが、

一定の温度を保てるようにつけっぱなし

にすると良い眠りがとれるようです。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)