快眠のコツ(光の刺激)

本来の人の生活リズムは、地球の自転とともに

あります。

日中は太陽の光の中で過ごし、

日が沈むと寝る生活です。

人工的な光を作ることで人は夜遅くまで

活動できるようになりました。

なので人工の光の中で長時間過ごし、

夜勤なので昼夜逆転の生活をしている

人もいて不規則な生活を強いられて

いるひともいます。

いろんな原因で自然な生活リズムが

乱れ、そのことで体内時計が乱れて

きてしまいます。

そうなってくると寝つきが悪くなったり、

眠りが浅くなったり、不眠などの症状

が出る場合があります。

なので就寝前にはできるだけ

部屋の光を薄暗くしてテレビや

パソコンの人工の光を浴びないように

しましょう。

後、朝の目覚めを手伝ってくれるのが

太陽光です。

朝起きたときはカーテンなどあけて

太陽の光が部屋に差し込むように

してください。

太陽光を浴びると、体内時計がリセット

され寝る前にでるホルモンのセロトニン

が分泌しやすくなるため睡眠の質が

上がり、快眠効果を得やすくなります。

こまつ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)