扇風機のつけっぱなしに注意

蒸し暑い日が続きます。

そうしても夜寝苦しかったりして扇風機をつけて寝てしまいますが、

扇風機に長時間あたると体温の調節機能が低下し、

体に悪影響を及ぼします。

汗が蒸発し皮膚の温度が下がると、血液を通じて内臓の温度も下げ、

食欲不振やだるさなどを引き起こすといいます。

天井の扇風機から風速1メートルの風を浴びると、体感温度は約3度下がります。

入浴後などに10分ほど涼を得るなら問題ないが、それ以上、

直接あたるのは避けたほうがいいです。

風を壁や天井に向け、部屋の空気全体を循環させれば体の負担は減ります。

扇風機のつけっぱなしで体調を壊すことがないよう気を付けてください。

こまつ

 

 

JR灘駅から南に徒歩2分 阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)