新型栄養失調

カロリーや全般的な栄養不足ではなく、

特定の栄養素のみが不足することで

引き起こされる新型栄養失調が近年増加しています。

不足している栄養素によって、

新型栄養失調の症状は異なります。

主な症状としては、疲れがとれない、

風邪が長引く、氷が食べたくなる、

傷の治りが遅くなる、頭痛がする、

髪が抜けやすくなる、不眠が続く、

爪がぼろぼろになる、などがあげられます。

いずれも原因が新型栄養失調だと自覚しづらいものですが、

このような症状が長期にわたって出るようであれば、

新型栄養失調の可能性を疑う必要もでてきます。

改善策として食事内容や食事方法の見直しのほか、

消化吸収機能のチェックも重要です。

栄養素が入った食物を摂取していても、

胃腸の環境が整っていなければ、

十分に消化・吸収できず、栄養不足を招くからです。

検査などもして、不足している栄養素を補うために、

サプリメントなどで栄養補給を行うとよいです。

 

当院であつかうオーソ21は1日でとるべき

ビタミンミネラルがバランスよく配合されている

栄養補助食品なのでこれをとることで改善できます。

体の内部から改善することで症状の改善が

はかれます。

 

大事なのは、普段から食事の基本のポイントを意識し、

幅広い栄養素を摂取することで栄養失調の状態

となることを予防できます。

食事から見直すようにしてください。

 

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)