気圧と体の関係

天気が悪くなると体調がすぐれない方がいますが。

どうにかならないものかと思案しています。

気圧と体調の関係をちょっとしらべてみました。

低気圧と体調の関係 自律神経の影響

天気が悪くなると体調がすぐれなくなるのは、珍しいことではありません。そのほとんどは自律神経の状態に起因するものと考えられています。自律神経の役目のひとつに、外部環境の変化に体を適応させる仕事があり、天気による体調の変化とは、気圧の変化に対応しようとする自律神経がちょうどいい加減をさぐっている状態ともいえるのです。

■体への物理作用

こういった気圧の変化はまず、体に物理的な影響を及ぼします。となりあった物質は平均化しようとするので、圧力の低いほうへと流れようとしますね。人間の体は「水の袋」と形容できるほど水分が多く、水分は流動的ですから、圧力の低い空気中へ向かおうとし始め、細胞内の水分も外に向かって膨張することになります。これがむくみの一因になったり、血管が拡張して血圧が下がると考えられています。また頭の血管が膨張すれば頭痛、喉の血管が膨張すれば気道が腫れて喘息という症状ににもつながるわけです。そのほかにも、温度が高いので汗をかきますが、雨が降りがちで湿度が上がりますから汗が十分に蒸発せず、これもむくみにつながります。

■自律神経が低気圧対応を開始

自律神経は、こういった物理的な変化のほかに呼吸から「酸素が薄い」、目から「光が少ない(暗い)」、また内耳にかかる圧力の変化で「気圧が低下した」ことを感知します。そしてこれらの条件を「活動に適さない環境」と判断して、二種類の自律神経のうちの「副交感神経」を優位に働かせ、体を「休息とエネルギー蓄積のモード」に切り替え始めます。このモードでは以下のような状態へと調整します。

  • 血圧、血糖、心拍低下
  • 疲労感、意欲低下
  • 分泌、排泄機能活性化
  • 食欲増加、消化吸収促進
  • 心身のリラックス状態
低気圧になるとだるい、眠い、疲れるという症状を感じるのはこのためです。「今は活動には適さない。じっとしていなさい」という体からの指令ということです。しかし台風の接近のようにいきなり大きく気圧が低下し始めると、副交感神経の急な調整が行きすぎて、「不調」と感じるほどになってしまうのです。

副交感神経が優位になると、血液の循環が落ちてくるので、

肩こりなどを感じやすくなります。

対処法として、自律神経のバランスを調整する必要があります。

1ぬるめのお風呂に入る。

2軽めの運動をする。

3身体を休める。

天気が悪くなるだけで、体調が悪くなると思ってしまうことも

ストレスとして感じてしまうので、気にしすぎるのも影響してしまうのかと

思います。

緊張をゆるめてやることで症状が楽になるのでその時は

お越しください。

こまつ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)