気圧の変化による体調不良

台風が近づいていますが、低気圧になると体調が悪くなる

などの声を聞きますが、低気圧になると体調が悪くなるというよりは

低気圧になることで気圧の変化がおきることが体調に影響するのです。

気圧の変化がおきると、自律神経に影響を及ぼし、

交感神経の働きを活発にします。

そのことで諸々の体調不良を招くということがいわれています。

気圧が低下すると内耳(耳の最深部です)に存在するセンサーが

それをキャッチし、交感神経の興奮が高まり、

血流や感覚閾値(感受性)を変化させ、痛みやコリ感などの

諸症状を誘発する原因となるということです。

交感神経が優位となると、痛覚閾値が下がる(痛みを感じやすくなる)ため、

普段はなのともなくても、腰や膝など以前傷めたりした

自身の弱点がシクシク疼くように感じてしまうわけです。

改善方法として気をつけることは。

・規則正しい生活

睡眠時間をしっかりとる、時間をとるのが難しいとしても一日のリズムを一定にたもつように努力することはできると思うので、リズムをうまく保てるようにするといいです。

・ストレスをためない

身体を動かすことや、入浴することで気分転換をはかり汗をかくことはストレス解消にいいのでおこなってみてください。無理なく、続けてできるほうがいいので無理なくつづけれるストレス解消をみつけてください。音楽をきくなんかもいいかと思います。

こまつ

JR灘駅 徒歩2分 こまつ整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)