炭水化物=体と脳のガソリン

炭水化物=体と脳のガソリン

炭水化物を食べると、消化吸収されて

血中で糖となり、この糖が体や脳の

活性に欠かせないガソリンになります。

消化吸収された炭水化物は、肝臓に蓄えられ、

食事と食事の間には(睡眠中や昼食と夕食

の間など)、そこから供給されます。

食事を抜くと血液中の糖が少なくなり

イライラしたり、集中力がかけたりしてきます。

体だけでなく、心や頭に大切な栄養源です。

炭水化物は糖と食物繊維に分類できます。

糖が体と脳のガソリンであるのに対し

食物繊維は満腹感を与えたり、便秘を予防したり

大腸の善玉菌の環境を整える働きがあります。

なので食物繊維の多い雑穀米、雑穀パン、芋など

を日常的に食べると、単なるガソリンとしての

役割だけでなく、腸の環境改善など複数の健康

効果が期待できます。

ただ加工された炭水化物を摂りすぎると

体重増加につながるのできをつけてください。

炭水化物が多い食品

・適量食べるもの・・米やパンなどの穀類

麺類、果物、牛乳、乳製品、豆、芋など

・控えめに・・お菓子、清涼飲料水

菓子パン、スナック菓子

バランスのいい食事を心がけましょう。

こまつ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)