無意識を意識していくと?

人は行動や判断するときに意識的に

行っていると思っていますが、

実際は意識的に行っていることより

無意識に行っていることの方が

多いそうです。

割合で言うと無意識が90~97%

残りの3~10%が意識的に行わる

とのことです。

 

どういうことかというと

わかりやすい内容は

呼吸は意識的におこなっているのでなく

無意識の中で行なわれています。

無意識の行動に関してはいくつかありますが、

共通しているのは「生理的であり命の維持に必要な行動」

においては、そのほとんどが「無意識」によって行われています。

車を運転する人などは、わかりやすいと思いますが運転中に、

急に前方に何かが飛び出してきたら、

「危ない!」と意識するよりも先に、

無意識にブレーキを踏んでいるのでいませんか?

また、歩いていて転びそうになった時も、

「危ない!」と意識するよりも早く、

手を付いたことはありませんか?

そのように「反射的な行動」や「習慣化された行動」は、

ほとんど「無意識=潜在意識」によって判断・行動がされています。

 

そう考えたらほとんどが無意識に行われている

ことが分かるかと思います。

 

そこで無意識に行われること行うことを

意識するとどうなるか?

 

無意識だとストレスを感じたときにため息をつく。

意識的に深呼吸を多くする。

そうするだけでストレスを意識的に緩和できる。

 

健康においても無意識を意識化することで

より健康になることができます。

 

運動をすることもそうで意識して

やらないと無意識では行えません。

 

無意識を意識して自分が目指す目標や

希望することに

コントロールしていけば

日常生活ももっとよりよいものに

なっていくのかと思います。

 

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)