産後に腱鞘炎になった場合

産後に手首の腱鞘炎を感じていて

困っている患者さんがくることが

あります。

抱っこなどになれてなく、手首に負担が

かかったり、手首の使いすぎが原因に

なってます。

産後は関節がホルモンの影響で緩く

なっているので、抱っこや授乳、

沐浴などの時に手首に無理な力が

かかってしまって腱鞘炎になると

されています。

 

腱鞘炎になるかたによくみられるのが

首や背中の緊張が強い方が多く、腕の

神経や血管は首から出ているので

首に負担がかかると手首や指にも

影響がでてきます。

 

予防することが大事になるので、

普段だっこするときに手首をなるべく

まっすぐに保つといいので、それを

意識してするには軽く拳を握るようにすると

いいでしょう。

 

横だっこの場合は、抱っこした状態に

よりますが、抱っこして手首を握れる

手で反対の手首を握って抱っこする。

 

縦だっこの時は赤ちゃんのお尻側の

手はこぶしを握るようにすると

いいでしょう。

 

痛みが出たときは首と背中の緊張も

とってあげるといいです。

 

あまりにも痛みが強い時は

アイシングするのがいいです。

 

早めのケアーが症状をはやく

改善してくれるので

早めの治療をうけるように

してください。

 

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)