睡眠の大切さ

健康管理において睡眠は非常に大事であります。

どうして睡眠をとるかは完全に解明されていないようですが、

脳や身体を休ませるためにはとても重要なことです。

さらに成長や寿命にもかかわりがあるといわれてます。

日本人は勤勉であるので、

仕事などで毎日忙しいと削られるのが

睡眠時間だったりします。

睡眠不足であると事故などの原因になったり、

ストレスがたまり、そのストレスがうつなどの精神疾患を

発症する原因になったりもします。

 

睡眠をとるタイプにもいくつかあって、歴史の人物で言えば

ナポレオンなどは3時間の睡眠だったとよく聞きますが

実際は昼寝などをして一日の睡眠時間は6~8時間とって

いたともいわれています。

短い時間で数回とることで十分疲労がとれるタイプであると

いえます。

アインシュタインなどは10時間くらい睡眠をとらないと

ダメだったようで、睡眠を邪魔されないように部屋に鍵を

かけて寝ていたそうです。

じっくり物事を考えないとダメな人や心配性なひとは

どうしても睡眠時間が長く必要になるようです。

なので自分にあった睡眠が必要であるといえますので

平均8時間といいますが、睡眠が長い方がいい人は

夜更かししないでしっかり睡眠時間をとるように

してください。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)