短気は損気

日常で短気になって後悔することないでしょうか?

私もよく反省するのですが、子供と接するときなど

子供ができないことに対して、なんでできないかと

思ってしまったり、きつくいってしまったりすることがあります。

冷静に考えるとまだできないで当然のこともありますので

そこはきつく言うところでなく、できるようにみてあげないと

いけかったりもします。

 

もともと短気は、怒りという感情からきているらしく、

動物から身を守るために働く感情で、襲われるときに

動物のことを思いやったりすると、食べられてしまうので

衝動に対してブレーキをかけにくい状態であったりします。

短気は性格的なものというより、生理学的な働きととらえると

改善するのは簡単でないのかと思います。

対策としてはそのことを理解して、改善できないとあきらめるのでなく

やればできるの精神で、自分自身を客観的にみることが大切なようです。

客観的にみることで、今短気がでている状態であることを

認識できるようになるので、それをくりかえしていくうちに

徐々に完全できるようになるみたいです。

 

こまつ

 

JR灘駅徒歩2分  こまつ整骨院

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)