秋の体調管理

 

暑い日もだいぶんおさまり、ちょっとづつ涼しくなってきました。

そういう季節の変わり目に頭痛や、だるさを感じる方がいるかと思います。

季節の変わり目にそう感じる一番の原因は、“気圧の変化”と言われています。

医学的な臨床研究の結果からも、「低気圧が頭痛の原因になる」

と明らかにされています。

その理由は、気圧の変化によって血管が開いたり狭くなったりするのですが、

季節の変わり目にはその変化が大きくて体がついていけず、頭痛がしたり、

だるくなったりしてしまうようです。

その他にも気温が影響すると言われています。

秋は、今までとても暑かった夏から、涼しくて過ごしやすい季節になるので

嬉しいですが、すぐに涼しくなるわけではなく、暑かったり寒かったりを

繰り返しながら、毎日の洋服選びも大変だったりします。

暑いと血管が開き、寒いと血管が狭くなるので、ここでもまた体は変化に

追いつけず、それがだるさや頭痛の原因になります。

対策としてだるさや頭痛だけであれば、季節の変わり目による体調変化の

可能性があるので、体が冷えないように温めることが大切です。

シャワーだけで済ませず、ゆっくり湯船につかって血行を良くしましょう。

アルコールの飲み過ぎは血管を開き、睡眠不足は血管を狭くするので、

どちらも控えたほうが良いでしょう。

適度な運動も良いと言われていますが、週末にいきなり長距離を走ったりして

平日は何もしないなど負荷が違いすぎるとかえって体に負担になってしまうので

適度な運動を心がけてやるようにしてください。

朝晩の冷えに気を付けてください。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分 阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)