秋の気分

 

ようやく涼しくなってきました。

これからが、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋。

しかし、無理は禁物! 実はこの時期、

気分がふさぐということがおきやすいのです。

涼しくなってきましたが、そのぶん一日と日照時間が短くなせいで

気分がぐさぐ原因となるそうです。

夕方にはもううっすらと暗くなりだし、肌寒さを感じるので

なにかこころ寂しくわびしく感じてしまうのは私だけでしょうか?

秋口はまだ暖かいので、身体は活動的なままで、日照時間が短くなるので

脳は冬眠モードに切り替わろうとします。

日照時間がどんどん短くなると、セロトニンが分泌される機会が少なくなります。

※セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、暴力的(キレる)になったり、うつ病を発症すると言われています。

このため夏のライフスタイルに精神が追い付かず、

ちょっとうつな気分になりやすいようです。

体がだるい、睡眠時間が増え朝起きれないなど感じたら

対策がひつようなのかもしれません。

対策としてをあびることがいいようです。

朝起きたときにカーテンをあけて朝の光をからだにあびるようにしてみては

どうでしょうか。

あと軽めの運動がリフレッシュになるため、身体を動かすことを

お勧めします。

日本のいいところは季節感を感じることがいいところだと

思うので秋を満喫して快適な日々を過ごすようにしてください。

こまつ

JR灘駅から南に徒歩2分 阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)