続くストレスの影響

ストレスが続くと交感神経や

カテコールアミンの作用で身体が

緊張状態になり、あるホルモンが

過剰になり体のあちらこちらに

不調がでます。

症状としては風邪を引き易くなったり、

胃が痛くなったり、血圧が高いという状態に

なります。

ストレスホルモンを作るにはビタミンC

が必要なので、ストレスが続くとビタミンC

がどんどん消費されシミが増えたり

美容にもよくありません。

体は長期のストレスには絶えれるようように

でいていません。

なので長く続くストレスからは速く

逃れる術を考えるようにしてください。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)