脳を包む膜と液体

脳は頭蓋骨に囲まれて保護されていますが、骨の下に

脳があるわけでなく、髄膜という膜に覆われています。

髄膜は3枚の膜でなっていて、外側から硬膜、くも膜、軟膜

といいます。

硬膜はとても丈夫な膜で、くも膜は半透明の膜で、軟膜は

脳と脊髄の表面に密着している薄い膜です。

くも膜と軟膜の間はくも膜下腔という空間になっていて

ここの脳脊髄液が入っています。

脳と脊髄は脳脊髄液の中に浮かんで守れています。

脳の疾患で硬膜下血腫がありますが、ここは脳の外なので

脳そのものが損傷していなければすぐには問題は起きにくく、

血腫をとれば症状は改善されます。

くも膜下出血はくも膜下腔に出血がおこることで、脳に入る

重要な動脈が流れています。

なのでここで出血すると命に係わる重大事になります。

ものすごい頭痛がおきます。

突然発症して持続する、今までに経験したことがないような

頭痛が起こったら、すぐに病院を受診してください。

 

こまつ

 

JR灘駅徒歩2分 こまつ整骨院

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)