自律神経を整える過ごし方(昼編)

昼食後眠くなることがありますが、その原因は

早食いや食べ過ぎによって自律神経のバランスが

急激に変化することでおこるそうです。

なのでゆっくりと時間かけて腹八分の量を食べるよう

心がけると自律神経のバランスが保たれて眠くなりにくくなります。

疲れてくると副交感神経の働きが弱くなり、少しイライラしてしまう

ことがおきやすくなります。

笑顔をつくることで、副交感神経の働きを上げることができるので

口をあげてニコッと作り笑いだとしても、やると疲れ、イライラが軽減できます。

後、人は緊張したり焦ったりすると呼吸が浅くなります。

すると自律神経のバランスが崩れてしまうので、

集中できないとか、やる気が起きないとか感じたら

ゆっくり深い深呼吸をおこないましょう。

仕事中焦ることはあると思いますが、焦るときほど

ゆっくり早くをいしきすることは最善かと思います。

 

こまつ

 

 

JR灘駅から南に徒歩2分 阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)