蝉の声

今朝とうとう蝉の声をききました。

夏の日に 汗をかきたす 蝉の声

私が中学の時の授業で作った俳句です。

七夕に小学4年の娘が

天の川 おりひめひこぼし わたってく

つくりました。(おまけ)

別に俳句を紹介したかったのでないです。

中学の時にあまり国語の得意でない私が書いた俳句が

他のクラスでよまれたということを聞いてすごくうれしかったという

思い出があります。

それから国語の成績がぐんと伸び、どの教科よりもよくなりました。

俳句を評価されたからかもしれないと今になって思います。

一つのいいきっかけがいい効果を呼び起こすことは今までに何度かありました。

でも実際はうまくいくことよりも失敗することのほうが多いくらい、

その失敗をばねにできればどんなにいいものか。

それこそがポジティブ・シンキングでないかと思います。

マイナスもプラスにする思考をみにつけたいものです。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)