観葉植物の効果

今朝も雨が降り、雨が続きますが、沖縄には

台風が接近していて、九州では大雨と天気が

あれています。

今朝開業当時にいただいていた、スプリットという観葉植物

がちょっと外に置いていたら、風で倒れて花瓶が割れてしまいました。

鉢を植え替えないと、いけなくなってしまいました。

紫陽花のダンスパーティも萎れてしまっていて

すぐに水をやって回復をまってみたら

すこし元気になってきました。

観葉植物を大事にする理由はいろいろな効果があるからです。

整骨院には必要なアイテムだと思っています。

その効果をあげてみますと。

樹木からは、「フィトンチッド」という揮発性の成分が出ているらしく、防虫効果や殺菌作用のあるこの成分は、自律神経を整えて精神をリラックスさせる効果があるといわれています。

植物にはホルムアルデヒド・キシレン・トルエンなどの有害物質を吸着・分解する作用があり、タバコの煙や建築資材などから出る化学物質に対して効果があるのではないかと注目されています。つまり観葉植物は、天然の空気清浄機のような働きをしているようです。

その他にも、植物は光合成をして二酸化炭素から新鮮な酸素を作り出す働きをするだけでなく、室内に観葉植物を置くと、根から水を吸い上げて葉から蒸散させるため、ある程度室内湿度の調節もしてくれます。

観葉植物の大半は、緑色をしています。この緑というカラーには、目の疲れを柔らげたり、大脳皮質の働きを活性化したりもします。

 

いろいろな効果があるといわれているのでその効果を発揮してもらって

院の環境をつくってくれています。

これからも大事に育てていくつもりです。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)