近視と調節緊張

近視には治る近視と治らない近視があります。

治る近視を調節緊張(仮性近視)といいます。

近視は屈折異常のひとつで

「無調整の状態で眼に入る平行光線が

網膜の手前で結像する眼の屈折状態」

と定義されています。

裸眼の状態で近くは見えますが、

遠くは焦点が合わずにぼやけてしまいます。

近視になる原因には、大きく分けて

「遺伝要因」と「環境要因」があります。

強い近視は「遺伝要因」の影響が大きく、

軽度の近視では「環境要因」が強いと考えられています。

両方が関与する場合もあります。

最近の学校保健統計調査では小学生の1/4、

中学生の1/2以上が裸眼視力1.0未満となっており、

更に低下傾向が続いています。

その原因としてパソコン・ゲーム機・携帯電話でのメールなど、

近くを注視する機会が増えて「環境要因」による近視化を

招きやすくなったためと考えられています。

なのでテレビ、パソコン、ゲーム、読書の長時間を

やめて一時間に一度は休めることが有効になります。

後、姿勢が悪い状態での読書や、寝そべってのテレビ、

暗い所での勉強したりも眼に負担がかかるので、

明るい所で正しい姿勢でやるように心がけ、

眼の負担を最小限にするようにしてください。

早めに眼科を受診することで

改善することもありますので

最近見にくくなったなどお子さんが

言った場合は、早めに受診してください。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)