連覇のための栄養管理

フィギュアスケートの世界選手権で3季ぶりに

王者に羽生選手が王者に返り咲きました。

その陰に栄養管理が大きく貢献していたようです。

どのような栄養管理をしていたかというと

1〉汁物を活用し消化を良くする

2〉エネルギー代謝をサポートするために

ビタミンB1を含む豚肉、大豆製品を積極的に取り入れる

3〉脂質はできるだけカット。

推定エネルギー摂取量に基づいて量を調節し、

エネルギー不足を防いだ。

競技の特性上、体重を増やしすぎないことも重要な要素。

筋肉をいい状態に保つために必要とされる

アミノ酸を多く取り、体内から途切れないように心がけた。

 

栄養管理が体に与える影響は世界のトップの

アスリートにはとても重要だといえます。

 

私たちも栄養をどうとるかで体調に

影響をうけることをしってしかり

バランスよく食べて健康を維持できたら

と思います。

食生活に不安があるかたは

ビタミン・ミネラルなどの

栄養素がバランスよく配合された

オーソ21をおすすめします。

栄養不足からくる症状

体や心の疲れも回復して

くれるのではとおもいます。

こまつ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)